ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

USB3.2仕様が発表 3.1の2倍の転送速度

錦です。今日、USB3.2の仕様が発表されました。

USB 3.0 プロモーターグループが、「USB 3.2」の仕様を発表しました。転送速度は通常のUSB 3.0よりも高速になり、最大なら10Gbps×2の転送が可能になるとのこと。USB 3.1が10Gbpsなので、単純な数字でいうと2倍の速度が出るといえます。

今回のこれは、USB Type-Cとは別の規格です。

データを複数レーンで同時に転送できる「マルチレーン動作」に対応していて、5Gbps×2レーン、あるいは10Gbps×2レーンの転送が可能だということ。 そしてマルチレーン動作にはデバイス側が対応している必要もありますが、ケーブルは従来のUSB 3.0ケーブルでも最大2Gbpsの速度が出せるとのことです。

USB 3.2は現時点ではまだ最終仕様書が確立されておらず、仕様の正式リリースは2017年9月開催の「USB Developer Days North America」のイベントを経てからとなりそうです。

Source:GIGAZINEUSB3.0プロモーターグループ Write:nishikiout Photo:

広告を非表示にする

引用する場合、該当記事のURLの表示をお願いします。

もし文字が崩れたりする場合は、ChromeやFirefox IE Safariをお使い下さい。