Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

【レビュー】MicrosoftEdge for iOS 使えるのか 【一日使用レポート】

錦です。

MicrosoftEdgeのiOS版が昨日、日本にもリリースされました。機能だけはとりあえずSafariとSmoozの組み合わせをSafariとEdgeの組み合わせにして使ってみましたので、その報告だけ。

iPhone版MicrosoftEdge 日本でリリース - ニシキのソフトウェア情報局

基本的な機能は大体同じ

まず使ってみて思ったのは、目新しさがないこと。MicrosoftEdgeは、Windowsからの移植ともあってちょっと期待しましたが、基本的な機能は他のChromeなどと同じでした。

そして、これといった不便も感じることはありませんでした。

UI的にはちょっと弱い感

Edge自体の目的は、モバイルでのブラウジングをPCで続けれるという点。アンダーバー中心部にPC同期ボタンがあり、これはなんというかWindows10 PCを持ってないユーザーにとっては無意味ですよね。

これといって速い!とはならない

Edgeがそもそも速いということを全面的に押してる訳では無いですが、ブラウザにとって表示速度は重要な点。

SafariとEdge。とりあえず今はSafariのコンテンツブロッカーを切って比べてみました。

このブログのメインページを開くのにかかる時間で比べます。このページちょっと時間がかかるのが難点ですが。

Firefox 7.2秒(速、)
Puffin 7.3秒
Chrome 7.7秒
Edge 7.9秒←
Safari 8.2秒
Smooz 8.6秒

※どれもプライベートモードなど、過去の履歴などに影響しない方法でテスト
あくまで筆者の環境であり誤差などがある可能性がある

ただMSNはいい

MSNの機能を駆使できるのは、開発元のMicrosoftだけ。MSN自体使ってる人が多いし、Outlookなどが初めからトップにセットされているのもいいですね。

なんだかんだブックマークなんかもWindows10のノートから移植できましたし、なんだかんだでこのiPhone6の中では、PCと最も関わりが深いアプリになりそうです。