Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

「マイクラ」が商標出願 マインクラフトではなくマイスタークラスタ 最悪 マリカ状態に

錦です。

マイクラといえばマインクラフトですよね。商標登録する時、こうした略された商標は登録されていないことが多く、他の企業が登録してしまうということもちらほら。最近であれば「マリオカート」の「マリカ」が自転車販売店に登録された事象がありますね。

今回は「マイクラ」です。

マイスタークラスタ

今回「マイクラ」を商標登録しようとしているのは株式会社リーンシステムの「マイスタークラスタ」。これは、プログミングの教育向けのソフトウェアです。

でですね。マイクラ自体はすでに日産自動車にて商標登録されているんですが、自動車なので話は別。今回は明らかに「マインクラフト」を意識した登録であると、マイクラ系情報ブログ「ナポアンのマイクラ」の筆者・ナポアンさんは述べています。

リーンシステム自体「マインクラフト」を意識したシステムやサービスを展開している。

この「マイスタークラスタ」の開発元の「リーンシステム」は以前から「マインクラフト」を意識したサイトやサービス名を展開しています。

その一つにMinetestがあります。

サイトはまるきり「マインクラフト」が意識されています。というか、マイクラです。Minetestは、ゲームエンジンだそうです。

マインクラフトがブームになって以来、マインクラフトに類似するゲームが多数リリースされてきましたが、元祖マインクラフト関連の名前をマインクラフトを意識して商標を登録しようとするのはこれが初です。

Educationを意識か

Mojang自体、教育向けのシステムを本格化しています。その代表が「MinecraftEducationEdition」です。これはアメリカなどですでに実用化されており、日本でも順次実用化されていく模様です。

そして、今回の「マイスタークラスタ」も教育向けのシステム。これは、MCEEを完全に意識したものと取れるのではないのでしょうか。

また、これに対しMojang Microsoftをはじめとする、Minecraft関係企業はコメントを発表していません。

Source:Twitter by ナポアン,