Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

【iOS12】ショートカットがきてどう変わった?WorkFlowから変わって良かった点

錦です。

iOS12から使える「ショートカット」の機能。以前からIFTTTなどの自動化システムを使ってなかった人はもちろん、使ってた人にも新鮮だったのではないでしょうか。

私自身はWorkflowやIFTTTを使ってきたのですが、これは、、、と感じました。

iOSのショートカットという機能・アプリは、もともとサードパーティの「WorkFlow」というアプリがベースになっていて、Appleに買収され、iOS12に同封されました。

まだ、Workflowだった頃、ネット上では「一般むけはIFTTT、プロ向けのWorkFlow」と言われるほどWorkFlowの操作や扱いは難しく、日本語化もされていない、しかも有料だったという「The プロアプリ」という感じでした。

ショートカットに変わって

ショートカットに変わったというのはこれらのハードルを一気に下げたのは良かったと思います。そもそも、WorkFlowが買収された時点で無料になっていたのでそこからハードル下げが始まっていましたが、やはり「使い方」に関しては無料化されても変わらず。

しかし、ショートカットに変わってターゲットが「ヘビーユーザー」から「全ての人」に変化したのもあって、使い方がわかりやすくなりました。

かつ、iOSの新機能のSiriとの提携に関しても、設定からサードパーティのショートカットのサジェストというのもとても良い点になったと思います。

そして、WorkFlowからショートカットに変わって、よかった点がもうひとつあります。

それは「追加アプリ」から「内蔵アプリ」になったことです。「追加アプリ」とはやはり、iOSシステムへの内部アクセスはポリシーとか色々制約があってブロックされてたのに対し「内蔵アプリ」に変わった影響で「WiFi/Bluetoothのオン/オフ」とかもショートカットで出来るようになりました。

私の場合は、iOS11でコントロールセンターから完全にオンオフ出来なくなったWiFi Bluetoothを、通知センターから、ショートカットアプリのヴィジットで完全にオンオフ出来るようにしたりしています。

便利になった

ショートカットという機能は、この機能だけで日頃のiPhone操作だけでなく、生活も便利になる夢のような機能です。

皆さんもぜひ使ってみては?

編集長 NKIIB
編集長 HP