Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Tiger Lake-H「i7-11600H」と「NVIDIA RTX A5000 Laptop GPU」を搭載したラップトップ ~ 上位のQuadro製品搭載のモバイルワークステーション

f:id:doskokimeil127-dosd:20210120200837p:plain

錦です。

Ashes of the Singularityのベンチマークに、未発表のCPUとGPUを搭載したモバイルパソコンが掲載されています。

f:id:doskokimeil127-dosd:20210327121158p:plain
出典:Ashes of the Singularity

搭載されているGPUは「NVIDIA RTX A5000 Laptop GPU」、CPUは「Core i7-11600H」になっています。共に未発表の製品になっています。

NVIDIAはこの世代より「Tesla」と「Quadro」のブランドを廃し「NVIDIA Axxx」という製品にしています。現状であればTeslaの流れを汲む「NVIDIA A100」やQuadroの流れを汲む「NVIDIA RTX A6000」があります。両方がAmpereアーキテクチャをベースにしていて、Aというのがそれを表しているのでしょう。

GeForceがゲーム向けなのに対して、Quadroワークステーション向けのGPUになっています。なので、このデバイスがモバイルワークステーションになっていることがわかります。GPUはこれ以上の情報はないので、存在が明らかになったのみとなりました。

画像内の情報を見ると、CPUの物理コアが12コア、論理コア(スレッド)が12コアになっています。物理コア12コアはおそらくソフトウェアの誤認識で論理コアを参照したものとみられるため、i7-11600Hは6コア12スレッドの製品であることがわかります。そして、製品名の@以下の部分から2.9GHzのベースクロックであることがわかります。

VideoCardzによる、Tiger Lake-Hの仕様は以下の通りです。

SKU コア
スレッド
ベース
クロック
全コア
ブースト
1コア
ブースト
キャッシュ iGPU
EU
TDP
i9-11980HK 8C/16T 2.6GHz 4.5GHz 5.0GHz 45W
i9-11900H 8C/16T 2.5GHz 4.4GHz 4.9GHz 45W
i7-11800H 8C/16T 2.4GHz 4.2GHz 4.6GHz 45W
i7-11600H 6C/12T 2.9GHz 45W
i5-11400H 6C/12T 2.7GHz 4.1GHz 4.5GHz 45W
i5-11260H 6C/12T 2.6GHz 4.0GHz 4.4GHz 45W
i7-11375H 4C/8T 3.3GHz 4.3GHz 5.0GHz 12MB 96 35W
i7-11370H 4C/8T 3.3GHz 4.3GHz 4.8GHz 12MB 96 35W
i5-11300H 4C/8T 3.1GHz 4.0GHz 4.4GHz 8MB 80 35W