Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Cooper LakeではPCIe 4.0はサポートされない

f:id:doskokimeil127-dosd:20200319173101p:plain

錦です。

Cooper Lakeは、限定的な供給にとどまるとして、プラットフォームではCedar IslandのみのサポートでWhitleyのサポートされないことが明らかになりましたが、overclockers.ruによると、Cooper LakeではPCIe 4.0へのサポートは行われないことがわかりました。

f:id:doskokimeil127-dosd:20200321180356p:plain
imgurに投稿されたCooper Lakeの簡易ブロック図

これを見ると、各ブロックとPCIe 3.0で接続されているのがわかります。


Cooper Lakeについてわかっていることが、増えてきました。Intelの公式発表もあり、Ice Lake-SPの情報もわかってきました。

サーバー向けの10nmプロセスはIce Lakeから始まりますが、今年後半に登場するということなので、そちらが本命です。

前回の動画も含めてわかったことは、以下の通り

  • Cooper Lakeは限定的な供給になり、Ice Lakeが本命
  • 2way向けのCPUはCascade Lake-SPがIce Lake-SPまでのつなぎ
  • Cooper LakeではWhitleyのプラットフォームはサポートされない
  • Cooper LakeはPCIe 4.0のサポートはない
  • Whitleyは、登場当初からPCIe 4.0に対応して登場することに(=Ice Lake-SPではPCIe 4.0に対応)

こんな感じ。

Cooper Lake-SPがCoreXに降りてくることは考えにくいですね。あとはやはり10nmのCoreXはIce Lake-Xっぽいですね。あるいはTiger Lake。第11世代のCoreXがいつ登場するか。