Nishiki-Hub

国内外のPC/PCパーツ/スマホ/Appleなどの最新情報を取り上げています

Intel、「Celeron」「Pentium」ブランドを廃止し「Intel Processor」ブランドへ統一 〜 2023年 ラップトップ向けSKUから

出典:Intel

錦です。

Intelは、モバイル向けブランドの再編を行い「Celeron」と「Pentium」のブランドを新しい「Intel Processor」ブランドで置き換え、廃止することを発表しました。

PentiumCeleron

PentiumCeleronは、Core i3よりも下位のエントリグレードのCPUにつけられるブランドで、そのグレードの中で更にPentiumが上位、Celeronが下位と分けられます。基本的には本体価格が5万円以下のような低価格PCやネットブックの系統を組むPC、最近であればChromebookGIGAスクール構想の推奨PCとして導入されることがありました。

Pentiumには「Pentium Gold」「Pentium Silver」、Celeronにはブランドがありませんがそれぞれ2系統存在しています。「Pentium Gold」と「Cleron」のN/JがつかないモデルはCore系統のアーキテクチャを採用し、Core i3からそのままコアやクロック、キャッシュなどの仕様を劣化させたものになります。一方で「Pentium Silver」と「Celeron」のN/Jは、旧Atom系統のアーキテクチャをメインに採用しており、命令セットやIPC(クロックあたりの性能)が大幅にCore系統やPentium Goldと劣化しています。

最新世代でいうと、Pentium Goldと上位Cleronは「Alder Lake」に基づきメインとなるコアにCoreシリーズと同じ「Golden Cove」を採用*1していますが、Pentium Silverと下位Cleronの最新ラインナップ「Jasper Lake」は省電力低性能の「Tremont」を採用しており、その仕様はGolden Coveや前世代Cypress Coveと比較しても劣っています。

ただ、PentiumCeleronではなく、Coreの名前を冠したPentium Silver/下位Cleleron製品もありました。それが「Lakefield」で、このラインナップではIntel Hybrid Technologyにより「Sunny Cove」という第10世代Coreに採用されたコアが1コアだけ採用され、4コアのTremontを採用していました。

Intel Processor

新しい「Intel Processor」ブランド

Intelは2023年に投入するノートブック製品において「Celeron」と「Pentium」を置き換え「Intel Processor」という新しいブランドで展開されます。

2023年投入の製品とはおそらくRaptor LakeまたはMeteor Lakeであると見られますが、並行してGracemontを採用したAtom系統のプロセッサが登場する可能性があり、現時点でPentiumCeleronIntel Processorブランド下でどう分類されるかは不明です。また、どのように命名されるかも不明です(「Intel N7000」とかになるのかな?)。

ちなみに、同一視するべきではないですがAMDも2023年からモバイル向けAPUにおいて命名方式の変更を発表しています。

AMD、Ryzen 7000番台 モバイル向けRyzenのラインナップについて解説 〜 新命名方式を採用することを発表し「Zen 2」ベースの製品も - Nishiki-Hub

関連リンク

*1:Intel Hybrid TechnologyによりAtom系統の「Gracemont」も混載